出演アーティスト  

 

 

 


おとぎ話

 

 

ゲスト出演

 


 曽我部恵一

 

 

 

(曽我部恵一 withおとぎ話)

 

 


 

おとぎ話 ホームページ

 

2010年で結成10周年。
おとぎ話メンバーのみでレコーディングに臨み、
いち早く声を掛けてくれた曽我部恵一氏との共同作業の末、
11月11日、4thアルバム「HOKORI」リリース。

その音楽性はますますオリジナリティを増し、
新たな扉を開けたおとぎ話の旅は続いて行くのである。

メンバー

有馬和樹(Vo.& Gr.) 81年生まれ。横浜市出身
風間洋隆(B.) 81年生まれ。新潟県三条市出身
牛尾健太(Gr.&Chorus) 83年生まれ。広島市南区出身
前越啓輔(Dr.&Chorus) 81年生まれ。石川県白山市(旧松任市)出身

 

 

 

 



andymori

 

 

andymoriホームページ

 

2007年 秋結成。
都内のライブハウスを拠点に活動を開始する。
結成1年にして1st EP 「アンディとロックとベンガルトラとウィスキー」

を2008年10月8日にリリース。

1st albumから丁度1年後の2010年2月3日に

2nd album「ファンファーレと熱狂」をリリース。
アルバム発売記念の初の全国ワンマンツアーは追加公演も含めて

全会場SOLD OUT!
夏には11本のフェス、イベントに参加し、

秋には2010年の集大成の東名阪ワンマンツアー'ぼくたちアンディモリ'を開催。
ツアー最終日の初めての日比谷野外大音楽堂での公演はSOLD OUT!
この公演中にドラムの後藤大樹の脱退を告知。
2010年11月27日の吉祥寺CLUB SEATAでのライブをもって脱退。
2010年12月2日、下北沢SHELTERのライブから

新ドラマー'岡山健二'が正式加入。
12月30日 RADIO CRAZY、12月31日 COUNTDOWN JAPAN 10/11に出演。
5月には全国10都市のワンマン"春の楽園"ツアーも決定。
2011年6月8日に3rd album「革命」をリリース予定。

 

 



ワッツーシゾンビ

 

ワッツーシゾンビ ホームページ

 

99年、谷村じゅげむ(Vo,G)、安里アンリ(Vo,G)を中心に

邪馬台国(奈良)で活動開始。

01年に三宅メグル(Dr)がライブ中に乱入し、そのまま加入。

02年に自主制作アルバムを全国発売し活動の場を東京及び全国に広げる。

 

勢力的な活動を行い05 年キャプテントリップレコードから

1st album『ブッダ マスク エクスペリエンス』リリース。

あふりらんぽ、オシリペンペンズなどとともに” 関西ゼロ世代” などと評され同年FUJI ROCK FESTIVAL'05のROOKIE A GO GO ステージに出演。

初のアメリカツアーも行う。翌年にはふたたびアメリカツアー敢行。

08年2nd album『ブッダ マスク レボリューション』を

キャプテントリップレコードからリリース。

秋にはフリーチベットチャリティーイベントを主催。

09年5月に曽我部恵一氏主宰のROSE RECORDS よりmini album

『ZOMBIE FROM EARTH』をリリース。

同年9月には同じくROSE RECORDS より

album『WE ARE THE WORLD!!!』をリリース。

10年9月ドラムの三宅メグル脱退するも、

即座にニュードラマー、山本テルトシを迎えあいかわらずやりまくり。

 

 


 

 


モーモールルギャバン

 

 

モーモールルギャバン ホームページ

 

  笑い、涙、時に破廉恥。
その魂すべてを吐き出す極限パフォーマンスとポップ&ペーソス溢れる無類の音楽性に中毒者続出の3ピース・バンド、モーモールルギャバン!!
何でもありのJ-POPレボリューション、ここからはじまる!
2005年4月、ゲイリー・ビッチェ(ドラムス&ボーカル)が、半ば強引に友人を説得して活動開始。当初はギターも入った5人編成(ゲイ リーはギター&ボーカル)だったが、ドラム、ギター脱退後はゲイリー(ドラム&ボーカル)、マルガリータ(ベース)、ユコ(キーボード&ボーカル&銅鑼) の3人で活動を継続。 2009年3月に開催されたFM802主催「MUSIC CHALLENGE2008」にてグランプリを獲得し、同年11月にデビューアルバム「野口、久津川で爆死」をリリース。

一度聴いたらこびりついて離れないファンキーでパンクで、ロマンティックかつ刺激的なバンド・サウンドと、胸にキュンとくる巧みな、高い催涙性を誇るメロディ・センスは、瞬く間に各地に話題をまき散らし第二回CDショップ大賞では関西ブロック賞を獲得。
2010年6月にメジャー第一弾のミニ・アルバム「クロなら結構です」をリリースした。

今、高い人気を誇る彼らのライヴ会場では、全身全霊をかけるストイックで爆発的なパフォーマンスとユーモアとペーソスが入り乱れ、観る者を圧倒し、踊らせ、泣かす。ゆえにワンマンライブは全てソールドアウト、出演したロックフェスは入場規制とその勢いは天井知らず。
そう、彼らが目指すのは“J-POPレボリューション!” ポップは世界を変える!
21世紀のポップ袋小路に、笑いと切なさと120%の“音楽”で果敢に挑む。

 

 

 

 

 

SEBASTIAN X

 

SEBASTIAN X ホームページ


08年2月結成の男女4人組。08年6月初ライブを行なう。その後ハイペースなライブ活動を展開。 08年8月に完全自主制作盤『LIFE VS LIFE』リリース。その後、09年11月6日に初の全国流通盤となる『ワンダフル・ワールド』をリリース。新世代的な独特の切り口と文学性が魅力の Vo.永原真夏の歌詞と、ギターレスとは思えないどこか懐かしいけど新しい楽曲の世界観が話題に。なんだか凄いことになってるインパクト大のパフォーマンスも相俟って、ライブハウス・シーンでも一際目立ちまくっている存在に。
そして、10年8月に2nd Mini Album『僕らのファンタジー』をリリース。